汎大学ノート

ドイツ語/フランス語/法学/社会学/読書ノート

第1講義 終盤/フィヒテ「人間それ自体の使命について」

 シュピーゲルのページから著作権切れのテキストが読める。

gutenberg.spiegel.de

ボールドは自分が気になった言葉にかけてある。とくに内容に対して重要な語にではない



Erste Vorlesung
Ueber die Bestimmung des Menschen an sich.
第一講義 人間それ自体の使命について

 

Das endliche Resultat aus allem Gesagten ist folgendes:
Die vollkommene Uebereinstimmung des Menschen mit sich selbst, und – damit er mit sich selbst übereinstimmen könne – die Uebereinstimmung aller Dinge ausser ihm mit seinen nothwendigen praktischen Begriffen von ihnen, – den Begriffen, welche bestimmen, wie sie seyn sollen, – ist das letzte höchste Ziel des Menschen.


【試訳】一切の述べてきたことからの最終的な帰結は、以下である:人間の自己自身との完全な一致、そうすることで人間は彼そのものと一致できることだろうが――人間の外なる一切の事物が、諸事物の当然そうであるような、実用的な概念と一致すること――概念、それは、事物が当然そうあるべきように、限定するあらゆる概念なのだが――が人間の究極の、最も高い目的である。

Diese Uebereinstimmung überhaupt ist, dass ich in die Terminologie der kritischen Philosophie eingreife, dasjenige, was Kant das höchste Gut nennt:


【試訳】この一致は一般に、私は批判哲学の術語に立ち入るということで、カントが最高善と名づけるものだ。
〔dass以下をどう訳したらいいかよくわからない。〕

welches höchste Gut an sich, wie aus dem obigen*1 hervorgeht, gar nicht zwei Theile hat, sondern völlig einfach ist:
【試訳】一切の最高善それそのものは、さきほどのことから導出されるように、決して二つの部分をもつのではなく、完全に単一である。
es ist – die vollkommene Uebereinstimmung eines vernünftigen Wesens mit sich selbst .
【試訳】最高善は、ある理性的存在者が自己自身と完全に一致することである。

 

In Beziehung auf ein vernünftiges Wesen,
【試訳】ある理性的存在者との関係において、

das von den Dingen ausser sich abhängig ist,
【試訳】その理性的存在者は自身の外部の事物に左右されているのだが、
再帰代名詞。ライティングになると忘れがちな文法。この複文の主語は「理性的存在者」なので、ausser...の後の3格は ihm ではなくsichになる。〕

sst dasselbe sich als zweifach betrachten:
【試訳】最高善そのものは、二通りとして観察されることになる:

– als Uebereinstimmung des Willens mit der Idee eines ewig geltenden Willens, oder – sittliche Güte – und als Uebereinstimmung der Dinge ausser uns mit unserem Willen (es versteht sich mit unserem vernünftigen Willen) oder Glückseligkeit .
【試訳】ある永遠に妥当する意志の理念との、意志の一致として、これは道徳的善でもあるが、あるいはーわたしたちの外部の事物と私たちの意志との一致(この一致はわたしたちの理性的な意思とのと理解される)として、もしくは、幸福である。

 

– Es ist also – im Vorbeigehen sey dies erinnert – so wenig wahr, dass der Mensch durch die Begierde nach Glückseligkeit zur sittlichen Güte bestimmt werde;
【試訳】最高善はまた、-片手間にこれは記憶されているだろうが―以下のことでは少なくともない。人間が幸福を欲することによって道徳的善に向かって限定されるということでは、ない。

dass vielmehr der Begriff der Glückseligkeit selbst und die Begierde nach ihr, erst aus der sittlichen Natur des Menschen entsteht.
【試訳】むしろ、幸福そのものという概念と幸福への欲求は、まず人間の道徳的本性に由来するのだ。

– Nicht – das ist gut, was glückselig macht ; sondern – nur das macht glückselig, was gut ist . Ohne Sittlichkeit ist keine Glückseligkeit möglich.
【試訳】―決して―、幸福にするものが善であるのではない;そうではなくて、ただ善であるものが、幸福にするのだ。道徳性がなければいかなる幸福もあり得ない。

Angenehme Gefühle zwar sind ohne sie, und selbst im Gegenstreite gegen sie möglich, und wir werden an seinem Orte sehen, warum? aber diese sind nicht Glückseligkeit, sondern oft widersprechen sie ihr sogar.
【試訳】諸々の心地よい、感じは、確かに道徳性がなくとも存在し、感じ自体は道徳性に対して争ってあることも可能である。我々はしかるべきところで理解するようになるだろう、そのわけを。やはり、これらは幸福でなくて、それどころかしばしば〔よい感じは幸福と〕矛盾しさえするのである。

Alles vernunftlose sich zu unterwerfen, frei und nach seinem eigenen Gesetze es zu beherrschen, ist letzter Endzweck des Menschen; welcher letzte Endzweck völlig unerreichbar ist und ewig unerreichbar bleiben muss, wenn der Mensch nicht aufhören soll, Mensch zu seyn, und wenn er nicht Gott werden soll.
【試訳】一切の理性を欠いたものを人間自身に従わせ、自由に、すなわち人間の唯一固有の法に服従することは、人間の究極の最終目的である。その最終目的は完全には達することができず、永遠に、達成されないままでなければならない。人間が人間であることをやめるべきでなく、人間が神になるべきでないならば。

Es liegt im Begriffe des Menschen, dass sein letztes Ziel unerreichbar, sein Weg zu demselben unendlich seyn muss.
【試訳】以下のことは人間の概念のうちに存している。人間の、究極の目的は達成できないのでなくてはならず、究極の目的そのものに向かって、無限に、目的の途上にあるのでならない。

Mithin ist es nicht die Bestimmung des Menschen, dieses Ziel zu erreichen. Aber er kann und soll diesem Ziele immer näher kommen:
【試訳】したがって、この目的を達成するということは、人間の目的ではない。しかし人間は、この目的に対してつねに近づくもっと近づくことができるし、近づくべきであるのだ。

und daher ist die Annäherung ins unendliche zu diesem Ziele seine wahre Bestimmung als Mensch , d. i. als vernünftiges, aber endliches, als sinnliches, aber freies Wesen.– Nennt man nun jene völlige Uebereinstimmung mit sich selbst Vollkommenheit, in der höchsten Bedeutung des Wortes, wie man sie allerdings nennen kann: so ist Vollkommenheit das höchste unerreichbare Ziel des Menschen;Vervollkommnung ins unendliche aber ist seine Bestimmung.
【試訳】したがって、この目的に向かって永遠に近づくことが、人間としての、すなわち理性的でしかし有限な、また感性的でされど自由な存在者としての、かれの真の使命である。ただあの自己自身との完全な一致を、完全性と呼びなさい。その完全性という言葉の最も高等な意味、むろんそう名付けることができるのだが、人間の最も高等で達成されない目的が、完全性である。有限における完全化が、人間の使命である。

Er ist da, um selbst immer sittlich besser zu werden, und alles rund um sich herum sinnlich , und wenn er in der Gesellschaft betrachtet wird, auch sittlich besser, und dadurch sich selbst immer glückseliger zu machen.
【試訳】したがって人間は、人間そのものをつねに道徳的により善くするのでなければならず、
そして自身の周囲の一切の感性的なものを、人間が社会の中で考察されるときには、道徳的にもよりよくするべきであり、そしてそうすることを通じて、人間そのものをより幸福にするべきなのである。


Das ist die Bestimmung des Menschen, insofern er isolirt, d. h. ausser Beziehung auf vernünftige Wesen seines Gleichen betrachtet wird. – Wir sind nicht isolirt, und ob ich gleich heute meine Betrachtungen nicht auf die allgemeine Verbindung vernünftiger Wesen untereinander richten kann, so muss ich doch einen Blick auf diejenige Verbindung werfen, in die ich heute mit Ihnen, meine Herren, trete.
【試訳】それが人間の、ほかから切り離したかぎりでの、すなわち同等の理性的存在者との関係を離れて考察したかぎりでの使命である。ー我々は孤立してはおらず、私は同時に今日、私の諸々の考察を、理性的な存在者のの互いの一般的な結びつきに向けることができない〔ことは知れているが〕、したがって、私はまた、その関係にも目を向けるのでなければならない。その関係に今日あなたがたと、私は分け入っていくのである。

Jene erhabene Bestimmung, die ich Ihnen heute kurz angedeutet habe, ist es, die ich in vielen hoffnungsvollen jungen Männern zur deutlichen Einsicht erheben soll;
【試訳】あの崇高な使命、私はあなたがたに今日は手短に指し示したのだが、それは、私が、数多くの希望にみちた若い人たちにおいて、判明に洞察するように、高めなければならないものであり、

die ich Ihnen zum überlegtesten Zwecke und zum beständigen Leitfaden Ihres ganzen Lebens zu machen wünsche – in jungen Männern, die bestimmt sind, wieder an ihrem Theile kräftigst auf die Menschheit zu wirken, einst im engeren oder weiteren Umkreise durch Lehren, oder durch Handeln, oder durch beides, die Bildung, die sie selbst erhalten haben, weiter zu verbreiten, und an allen Enden unser gemeinsames Brudergeschlecht auf eine höhere Stufe der Cultur wohlthätig heraufzuheben– in jungen Männern, bei deren Bildung ich höchstwahrscheinlich an noch ungeborenen Millionen von Menschen bilde.
【試訳】私が、あなたがたにとって、もっとも考え抜かれた目的とするよう、そしてあなたがたの人生全体の、丈夫な導きの糸とするよう欲しているものである。
若い人たちにおかれては、以下のことへと使命を受けているのであるが、
再びあなたがた自体で、力の限り人間性に対して影響するよう、
いつの日か、より狭いにしろより広いにしろ、周囲を学説によって、また行動を通じて、あるいはその両方によって、教養を、その教養は若い人たち自身が有するものなのだが、再び広く伝えるよう、また、我々の共通の兄弟たちの一切の目的に際しては、文化のより高い層へと有益にも高めるよう〔使命を受けている〕
若い人たちにおいて、わたしは、若い人たちのそばで、必ずや、いまだ生まれていない数多の人々へもまた向けて教養を形成するのである。
〔ここでBildung は無冠詞?〕

Wenn einige unter Ihnen das gütige Vorurtheil für mich haben sollten, dass ich die Würde dieser meiner besonderen Bestimmung fühle, dass ich es mir bei meinem Nachdenken und Lehren zum höchsten Zwecke machen werde, zur Förderung der CuItur und Erhöhung der Humanität in Ihnen, meine Herren, und in allen, mit denen Sie je einen Berührungspunct gemein haben werden, beizutragen;und dass ich alle Philosophie und alle Wissenschaft für nichtig halte, die nicht auf dieses Ziel ausgeht – wenn Sie so von mir urtheilen, so urtheilen Sie – ich darf das vielleicht sagen – ganz richtig von meinem Willen

【試訳】もしあなたがたのうちの若干が、私に対してよい先入観を抱いていたら、〔その先入観というのは〕私が、この私の特別の使命の価値を感じ、私の熟考と学説を手がかりにして例の最高の目的に近づくだろう、という先入観であって、〔価値というのは〕文化の探求とあなたがたにおける、そして万人における、人間性の向上に向けて、探求により、みなさんがいつか、あるひとつの接点を共有するだろう探求なのだが、寄与するということ、
そして、私があらゆる哲学と知識をつまらないものとみなしているということ、
―この意図を目指していないつまらないものとである―
―もしあなたがたが私に対してそう判断されるなら、そう判断するのは、―おそらくこう言ってよいだろうがーまったく正しく私の意志を判断されている。


Inwiefern meine Kräfte diesem Wunsche entsprechen sollen, hängt nicht ganz von mir selbst ab;
【試訳】どの程度まで、この願いをかなえるのに、私の力がかなっているのだろうか。一切がわたしだけに懸かっているわけではない。

es hängt zum Theil von Umständen ab, die nicht in unserer Macht stehen.
【試訳】それは部分的には周囲にかかっていて、周囲というのはわたしたちの力のおよぶところではない。

Es hängt zum Theil auch mit von Ihnen ab, meine Herren,
【試訳】部分的にはあなた方に懸かっているのだ、みなさん、

von Ihrer Aufmerksamkeit, die ich mir erbitte,
【試訳】みなさんの注意深さに。わたしはその注意深さをわたしに向けてくださるよう求める。

von Ihrem Privatfleisse, auf den ich mit froher voller Zuversicht rechne, 
【試訳】あなたがた個人の勤勉さに。その勤勉さをわたしは嬉しくも完全に見込みあるものとして、頼りにしている。

von Ihrem Vertrauen zu mir, dem ich mich empfehle, und durch Handeln zu empfehlen suchen werde.
【試訳】あなたがたの私への信頼に。私自身をゆだね、そして行動によっても、ゆだねようとするところの、私への信頼である。

 

次回:

larvas49.hateblo.jp

*1:中性D3格