自省log

フランス語 / ドイツ語 / 日記 / たまに読書感想

Goethe B1 に合格した

 ドイツで使えるドイツ語資格試験、Goethe Zertifikat B1に合格した。

 点数は次の通り。

Lesen (読む)87/100
Hoeren(聴く)70/100
Schreiben(書く)61/100 ←合格点+1(笑)
Sprechen(話す)76/100 

 まいど綱渡りな…(笑)

 ひとまず、口頭試験の流れを書き残しておく。受験者は15分程度の準備時間の後、ほかの受験者とペアで口頭試験を受ける。

①自己紹介

 「自己紹介と、なぜドイツ語を勉強しているのか」の2つを話すよう指示された。自分は自己紹介に手間取ってしまい、ドイツ語を勉強する理由を話せなかった。早く試験を終わらせたそうな試験官の顔色を窺ってしまうとなかなか話し続けにくくなるが、自己アピールだと思ってぐいぐい話していったほうがいいのかもしれない。

②受験者同士での相談、プレゼンテーション

  このパートのキモは、実際にプレゼンテーションをする必要はないということだと思う。

 私の場合は「ドイツの都市について紹介してください」が課題だった。ドイツには一度も行ったことがなく、かなり難問だった。実際のやりとりはこんな感じ。

「私はドイツに行ったことがないんです。ドイツには行かれたことはありますか?」
「私もないんです。どこをプレゼンしましょうか」
「ベルリンにしようかと思っていました、クリスマスマーケットがすてきだと聞いたことがありますし、賑やかで歴史もある街だと思います」
「いいですねえ、でもまだベルリンについて知らないことが多いですよね」
「これから資料(die Materie)を集めることにしましょう」
「そうしましょう」

 ……というような。合意ができたら、試験官にその合意に至った経緯を説明しなおして終了。

③決められた課題でのプレゼンテーション

 こちらのイラン人女性の方のスライドを参考にした。

www.slideshare.net

Hossein さんという方には頭があがらない。

テーマは「子どもは幼稚園で育てるべきか、家庭で世話するべきか」だった。

 

 Goetheの試験は減点法で、(少なくともB1では)不自然なドイツ語であっても明らかな誤りでないかぎり減点されないと聞いたことがある。B1資格がどうしても必要なら、こういう回答パターン丸暗記も選択肢の一つとして考えるべきかもしれない。

【歌詞対訳】Why so serious? / アリス・マートン(Alice Merton)

 Why so serious? / アリス・マートン(Alice Merton) の日英歌詞対訳です。
 動画では1分ごろから歌唱が始まります。


Alice Merton - Why So Serious | Late Night Berlin | ProSieben

歌詞対訳

 When did we forget
 いつ忘れちゃったんだろう
All the crazy things that made us feel so part of it?
 ばかみたいなことして だから私たち一緒だねって思えたこと
Our youth, so confident
 若かったときは 恐れもしないで
We played our heartstrings, not caring if it ends
 終わっちゃったらなんて考えずに互いの気持ちを揺らしていたね


Try to learn to let go of all those things that tie you down
 しがらみ全部 手放しちゃう練習しよう
Get rid of it, the voice inside that tells me that
 「捨てちまえ」 心の声が私に言うの
I'm scared, yeah, scared as shit
 こわい すごくこわい
But I wanna let go of it now
 だけどもう手放したい


So someone tell me
 だから誰か 私に言って

 

[*]
Why so serious? Why are we so serious?
 なんでそんなにマジメなの なんでこんなに深刻なのかな
Oh, why so serious? When did we get like this?
 なんでそう深刻に考えるの いつこうなっちゃったのかな
I still remember we weren't grown up like this
 こんなふうに育ったわけじゃなかったじゃん


I don't seem to get all the things that are happening
 起きてること全部を把握してるわけじゃないし
And I can't make sense of everything that's inside my head
 自分の考えてることも全部わかるわけじゃないし
But I keep on thinking, there's gotta be something said
 だけど私は考え続けてる 言わなきゃいけないことがあるんだ


Oh, seems we've lost it
 わたしたち失くしちゃったみたいだよ
That spark inside that tells us it's all nonsense
 「ばからしいわ」っていってくれる心のひらめきをさ
Stop being so cautious
 先回りして心配するのはやめて
With every mistake, there comes a lesson learned
 どんな失敗も糧になる

So someone tell me
 だから誰か わたしに言って

 

[*] 繰り返し

 

[**]
Why so serious?  Why are we so serious?
 なんでそんなマジメなの なんでこんなに深刻なのかな
Oh, why so serious? Can someone tell me
 ああ なんでそう深刻に考えるの 誰か私に言ってくれない?
Did we forget about living with no regrets?
 後悔せずに生きたくなくなっちゃったの?

 

[***]
I wanna live in the now, I'm not gonna live in the past
 いまを生きたい 私は過去を生きてるんじゃない
Don't wanna care about what-ifs
 「もしああだったらこうしよう」は気にしたくない
'Cause what if those things don't last?
 だって「こうしよう」って決めたことも続かなかったら、どうしよう?
And I wanna live with no regrets
 なんの後悔もなく生きたい

[***] 繰り返し

So someone tell me
 だから誰か わたしに言って

[**] 繰り返し

 

 気分にまかせてかなり意訳しています。

 終盤の 「Don't wanna care about what-ifs/'Cause what if those things don't last?」の一節は、微妙な心中を表すよい歌詞だと思います。「いまを生きる」という決心も、やはり過去の経験や自分自身への深い内省から生じるものだからです。