汎大学ノート

ドイツ語/フランス語(さぼりぎみ)/法学/社会学/読書ノート

What is Philosophy?: Crash Course Philosophy #1

リスニングの練習に。


What is Philosophy?: Crash Course Philosophy #1

海外のユーチューバーというか、顔出し放送は多様でいいですね。

何人わかるかな:似てそうで似てない(?)似顔絵

 オープニングムービーがかわいい。

(1枚目)

f:id:larvas49:20170924170153p:plain

左から:

・ヒュパテイアはアレクサンドリアで哲学と天文学を教えたギリシアの学者である

ソクラテスは”問答法(gadfly of Athens)”で知られる

・現実の「影」を、ある有名な洞窟の喩えで検討してみよう…

プラトンはよい学生だっただけでなく、すぐれたレスラーでもあり、作家でもあった

・すべての部品を取り替えてもなお、それはテセウスの船だろうか?

左から3人目のメガネの男性は放送主のJohn Greenだろう。

(2枚目)

f:id:larvas49:20170924170141p:plain

・心は'白紙状態'ないし’タブラ・ラサ’だとロックは主張した

・世界は上にも下にも重なっているカメのようなものだ

プロイセンPrussiaの王はカントに宗教について論じたり書いたりすることを禁じた

デカルトは、わたしたちに仮構を信じさせることのできる悪魔の存在を仮定した

・ヒュームはショーペンハウアーヘーゲルに引き継がれたろう(よくわからない)

 デカルトがダントツにアピールしてくる。

(3枚目)

f:id:larvas49:20170924170203p:plain

・この男(ラッセル)は「地球と火星の間のどこかにはティーポットがある」と言う

・ヴィットゲンシュタインはケンブリッジバートランド・ラッセルに学んでいた

・箱の中では、猫は生きながら同時に死んでいる!
・誤った前提から正しい結論を得ても、それは知識とみなせるのだろうか?

・”試験管のなかの脳”はデカルトの”悪魔”思考実験の新バージョンだ

・1964年、ジャン=ポール・サルトルノーベル文学賞を受賞したが、彼は拒否した

 

 *listening comprehension

hereditary 遺伝性の(第2音節にアクセント)

embark …に乗り出す,始める

ethereal エーテル

as charitably as possible できる限り好意的に

 *「一見して気に入らなくとも……読みなさい」というのは多々言われる。

bunch of stuff もろもろの

No.9 格変化

人称代名詞

  sie(pl.) sie(single F) er(single M) es(single N)
Nom. sie sie er es(als "das")
Dat. ihnen(als "den") ihr(als "der") ihm(als "dem") ihm(als "dem")
Acc. sie sie ihn(als "den") es(als "das")
  • Die Konjugationen sind gleich als den Article.

再帰代名詞

  sie(pl.) sie(single F) er(single M) es(single N)
Dat. sich sich sich sich
Acc. sich sich sich sich
  • Von dem drittperson, sind Alle gleich. 

所有冠詞

(table)格変化語尾(strong-weak)

× -e × -e
-es -er -es -er
-em -er -em -en
-en -e × -e
  • mein(my), dein(your), 
  • unser(our), euer(your)
  • sein(his), sein(the thing nt.)
  • ihr(her), ihr(pl.) , Ihr(your)

How to guide the stranger/tourist

Speaking: How to guide the stranger/tourist

Go straight(for second blocks).

Then on the second corner/light(信号機), turn right/left.

you will see it on your Right/Left hand side.

  • I can't guarantee if your arrive. So it needs "will" for guessing.

Listening: write down as possible


Will Durant---The Philosophy of Kant

「大学の先生の話し方です」/ニコライ・ハルトマン『哲学入門』(1949)

新カント派の哲学史家、Nicolai Hartmannの著書。基本は原著Einfuehrung in die Philosophieをもとにして、その都度邦訳と対照しながら読んだ。

哲学入門

哲学入門

 

自分にとっては、これがはじめてドイツ語で通読した本になる。一応、文法はある程度学んでから読み始めたけれども、一連の文章として出会ってみてはっきりと分かったことや、はじめて気づかされたことが多くあった。肝心の内容については……また稿を改めて書けたらいい……ことにする。時間のゆるす限り再読できればと思う。

聞いて驚かされたのは、この本の書きぶりはドイツ語話者にとっても難しいということ! 婉曲表現やレトリックが多いそうで、「大学の先生の話し方です(笑)(笑)」と言われてしまった。

以下は、面白かったところ・訳について少し気になったところを。随時追記。

続きを読む

No.8 ドイツ語と英語の違い

Durch diese 4 Monate*1 studiere ich Deutsch. Ich bemerke manschen schwierig Punkten, die wenig sind, um den Deutsche Satz zu herverstellen .

 

her- oder dar-

  • Es gibt kein dies Differenz auf Japanisch. Wenigstens hat man kein fein Bessuftsein ueberden.
  • "her-" bedeutet ein Movement auf dem Seit des person ,wer sprecht. 
  • Aber "dar-" heisst ander Phaenomen(nt), das sich los von dem Sprecher einteilt.

Time(Zeit), Place(Raum) and the Constellation of Value 

  • Seit dem Zeit, die ich Deutsch angefangen habe, werde ich erstaunt*2 von die semantische Naehe der Zeit,  Raum und Wert.
  • Z.B......"voraus" hat drei Bezeichnungen:
    1. faster than the others
     1.1 raumisch「先行して」
     1.2 wertisch「抜きんでで」、ずっとよく
    2. early when the thing matters
     2.1 zeitisch「あらかじめ」,「まえもって」im voraus
    3. forward(it just matters "forward" of the Speaker)
     
     reinische raumisch「前方に」
  • ich brauche manscheZeit, um dies Sinne zu lernen.

Inwieweit bedeutet ein Verb?

  • du wisst, dass ein deutsche Verb manchen Schriften von sich bekommen kann.
  • d.h. das Verb sich hat nicht Eindruck, welches sich die Richtung oder die Zeit von sein Movement handelt.
  • So brauchen wir das:
    vor = into front of me from other one
    aus = get out of somewhere
    auf = above
    von = from: by: 
    ueber = transi something
    ver = to another direction/place
    her- = around me
    dar- = on somewhere where have distance from me(but i know what happens and where it happens) 
    ein = into the inside of something
    zu = to certein direction 

 und so weiter...

*1:der Monat (pl. -e) = month

*2:erstaunen = astonish